慰謝料が増える交通事故とは

当然ですが交通事故がひどい場合は慰謝料も多くなります。

たとえば死亡事故と傷害事故は当然死亡事故になりますが、交通事故で難しいのは傷害事故になることが多いです。

そして保険会社と交渉をすることで明らかに少ない慰謝料を受け取ることになります。



少ないと言うと語弊がありますが、基準と言うものがありそれに合わせた金額を保険会社は被害者に提示しています。保険会社の今までの支払った実績や被害者を言い包めて支払った過去などを参照にして計算される基準で、明らかに保険会社寄りの算出になりますので額は低いです。

もう一つの基準があり、それは裁判基準になります。

NAVERまとめに関する問題解決をサポートいたします。

この基準は裁判を行い、このようなケースの交通事故であればこれくらいの慰謝料を支払ったという基準になりますので、弁護士が交渉し算出した額になります。

この額は保険会社の都合で算出された金額よりも、三倍近く高くなることもあると言われており、この金額を受け取るために弁護士に相談する人も多いです。

どちらの基準で算出された方が良いのかは明らかであり、どうすればいいのかもわかるでしょう。

まずは保険会社から提示された金額について交通事故に強い法律事務所に相談を行ってください。

ほとんどの場合が保険会社が提示した金額より多くもらえるケースが多いです。

また事故に遭った後になりますので、保険会社との交渉が面倒に感じることもあるでしょう。
そのような場合も代理人として活躍し、慰謝料のために交渉を行ってくれます。